肌の表面を潤すだけでも

 
化粧品、どれを使うか、どれを使えばいいのか、これは永遠に女性の悩みだと思います。

もちろん、何万円もする様な高級化粧品を使い続けることができるのならば、特に悩む必要もないというものですが、そうはいっても、一般的な感覚としては、化粧品に使える金額だってある程度決まっています。
でも、化粧品で肌をきちんとお手入れするのはホントに効果、あります。

たまに、「化粧品なんて、何を塗っても変わらない」という人がいますが、それは、肌の内部を変えることは難しいという意味においては当たっていますが、だからといって、「何も手入れをしなくても同じ状態」であるとう意味ではありません。

確かに市場に出ている化粧品のほとんどが、肌の表面に成分がとどまっている状態です。
いわゆる角層の上の部分です。
それは、浸透しようにも成分が大きすぎて、肌のバリアを通り抜けることができないから。

でも肌表面しか潤わないからといって、それが美肌になれないという原因ではありません。

まず肌表面と一部が角層に浸透していけば、保湿しているということになり、肌のターンオーバーを促進(というか、元にもどす)ことはできます。

乾燥すると、ターンオーバーは乱れていきます。

保湿されていると、それだけで肌はバリア機能を高めますから、肌の状態はよくなります。

もちろん肌の奥、真皮層まで成分が届くということは特別な浸透技術がないとムリです。

でもそれでもお手入れをきちんとすることで、「見た目」を綺麗にすることは可能なんです。