一日おきの筋肉トレーニング

一日おきの筋肉トレーニングを習慣にしています。きっかけは友人からの勧めでした。友人は元々細く、筋肉が少ないことに悩んでおり、インターネットや知人から情報を得たところ、一日おきの筋トレが効果ありということで始めたそうです。
なぜ毎日ではなく一日おきなのかというと、筋肉に休む時間を与えるためです。筋肉は多数の筋繊維で構成されており、筋トレによって筋繊維が千切れます。この千切れてしまった筋繊維を「超回復」という現象によって繋げ直すおとができるのです。この「超回復」をする際に筋繊維が以前よりも太くなり、筋肉が大きくなるのです。毎日筋トレをやってしまうと、筋肉の休憩時間である「超回復」が作用されなくなり、いくら一生懸命筋トレしたとしても効果が薄れてしまうのです。これを踏まえて、一日おきにやろうと決めて、継続しました。
始めの一週間は筋肉痛に襲われ、とても辛かったのを覚えています。ですが、この筋肉痛も筋肉を作るのに良いことだと勉強し、無理のない範囲でスクワットや腕立て伏せをしました。回数は大体スクワット・腕立て伏せ・腹筋を一日100回ずつ継続しました。
始めて一か月経ったころには、以前の自分の身体より明らかに引き締まっており、効果を実感して嬉しかったです。体を動かすことは運動不足解消になりますし、こういった運動習慣は大切だと思いました。